HOME>レビュー>胆管がんは治療方法を併用して治療期間を短縮できる!

胆管がんは治療方法を併用して治療期間を短縮できる!

男性

胆管がんについての知識を身につけておくと万が一のときも焦ることなく行動することができます。少しでも知識を身につけるために、胆管がん治療についての体験談を読んでおきましょう。

レビュー

治療を組み合わせることで回復が早まりました【50代|女性】

年齢を重ね、疲れがでるようになりました。食欲もなくなり、皮膚が黄色っぽくなってきておかしいなと感じていました。娘から、病院で診察を受けたほうがよいのではないかとアドバイスを受け、診察を受けることにしました。検査を受け、胆管がんと診断されました。胆汁を十二指腸へ流す胆管にがんができているそうで、抗がん剤治療を行うことになりました。最新のNK細胞療法も合わせて行うことを勧められたため、お願いすることにしました。最新の治療法ということで、効果があるのではないかと期待していたところ、スタートして短期間でがんが縮小し、嬉しくなりました。NK細胞療法は副作用がなく、他の治療と併用できるそうです。組み合わせを行うことで、効果が早く現れたのかなと感じて嬉しくなりました。

思っていたよりも治療期間が短く済みました!【40代|男性】

会社で昇進し、嬉しくなりました。はりきって働いていたところ、疲れがとれず、病院で診察を受けました。胆管がんと診断され驚きました。仕事を頑張りたいと感じていたため、ショックでした。家族に、早く治療をして仕事に復帰すればよいと言われて、治療に専念することにしました。最新の治療法で早く治したいと感じ、相談したところ、NK細胞療法を勧められました。抗癌剤の治療と一緒に行うことができるそうで、副作用もないそうです。体力を改善させながら治療ができるそうで、仕事に早く復帰できるのではないかと感じました。スタートしてだんだん効果が現れ、退院することができました。イメージしていたよりも短期間での治療となり、ほっとすることができました。