HOME>特集>体と相談して決める!胆管がんの副作用を軽減する方法

体と相談して決める!胆管がんの副作用を軽減する方法

病院

抗がん剤の副作用による症状

胆管がんは手術によって治療を行う必要がありますが、切除ができない場合は抗がん剤治療を行うことになります。この抗がん剤療法の1つがゲムシタビン+シスプラチン併用療法です。この抗がん剤に強い副作用はありませんが、吐き気や倦怠感、食欲不振といった症状が現れます。長期間の繰り返し投与では腎機能障害や難聴などの症状が現れる恐れもあります。他にもTS−1(テガフール・キメラシル・オテラシルカルカリウム配合)という抗がん剤が用いられることもあります。この抗がん剤の副作用は下痢や吐き気、口内炎などがあります。副作用だけで見ればこちらの方が軽度にも見えますが、効果に関してもゲムシタビンとシスプラチン併用療法の方が大きいといえます。

医者と看護師

症状に合わせて抗がん剤を選ぶことが大切

胆管がんは通常切除を行うことで治療を行うことができます。治すという観点からすると切除がベターとされていますが、状況によっては切除できないケースがあります。その際には抗がん剤を用いて治療を行うという選択をすることも考えられます。抗がん剤は副作用の観点からするとTS−1が優れていますが、効果の面からするとゲムシダビンとシスプラチンの併用療法に分があります。そのため、このどちらを採用すれば良いのかということは一概には言えません。現在ではゲムシダビンとシスプラチン併用療法が標準両方とされているのでこちらを受けている方が多いですが、必ずしもこちらを選択するのが万人にとって正解というわけではありません。あくまで自分に合ったものを選択する必要があります。